ライスフォース【ルースパウダーの口コミ】メリット&デメリット

ライスフォース ルースパウダーについて

ライスフォースは特殊技術で抽出・発酵されたライスパワーエキス配合のスキンケアブランドです。

 

ライスフォースルースパウダー

 

基礎化粧品でおなじみのライスフォースにはベースメイクのアイテムもあり、潤いを与えながら美肌に仕上げてくれると話題になっています。

 

このページで取り上げるのは、「ルースパウダー」。

 

ライスパワーNo.1エキス(保水力をサポートし、肌をすこやかに保つ)と、美肌演出の為に微粒子パウダーなどを配合しています。

 

お米エキスと相性の良い方はこのルースパウダーも気になっていると思いますので、早速その口コミや成分などについて調べてみることにしました!

 

口コミから見えてきたデメリットについても書いておりますのでどうぞお読みください!

 

ライスフォース ルースパウダーの口コミ まとめ

 

悪い口コミ まとめ

口コミが良かったので買ってみたんですが、色が合わなくて顔色が悪くみえました。

 

(敏感肌)

 

粉が出てくる穴が大きめなのか、ドバっと出てくるのが使いづらいですね。

 

内蓋を開ける時にも粉がこぼれてしまうので、容器は改良した方がいいと思います。
(普通肌)

 

サラサラしているしラメの具合もちょうどいいですが、ルースパウダーとしては普通じゃないでしょうか?

 

カバー力はあんまりないし、これじゃないと…、みたいな感じはないです。

 

(混合肌)

 

ライスフォース・ルースパウダーの口コミをネット上で見てみると、少数ではありますがこんな悪い口コミが見られました。

 

割合で言うと、使った人の7%弱が、悪い評価をしている事になります。

 

化粧品類には多く見られる「合わない」「かぶれた」というケースは見られませんでしたが、色味が合わない、容器が使いづらいというデメリットに関する声はあるようですね。

 

 

良い口コミ

 

ライスフォースのルースパウダーはかなり多くの方が満足しているようですので、口コミを見てみましょう。

 

パウダーってどれも大差ないと思っていましたが、ライスフォースのは全然違いました!

 

粉っぽくならないし、崩れにくく、ラメが華美になりすぎなくちょうどいいんです。

 

これだけの機能を持っているパウダーって他にはないと思います。

 

(乾燥肌)

 

時間が経ってもツヤ肌が続きしっとり保湿してくれるので、普段は下地とこのパウダーで仕上げています。

 

(リキッドファンデの後につけるともっと美肌になれます♪)

 

付属のパフもフワフワ、やわらかくてお気に入りです。

 

(乾燥肌)

 

パールの粒子がとても細かいのでナチュラルな感じにしあがります。

 

これをつけていると乾燥しないし、テカリもないのでお化粧直しもほとんどしなくてOKです。

 

4,500円なので高いですが、長く使えるのでコスパはいい方だと思います。

 

私は3か月たってもまだまだ使えてます。

 

(敏感肌)

 

こんなに乾燥しないおしろいは初めてです!

 

しっとりなのにサラサラ。

 

私はBBクリームの後に使っているのですが、あつぼけったくならず透明感も出るのでかなり気に入ってます。

 

(敏感肌)

 

ライスフォースのルースパウダーに高い評価を付けている人は

 

  • サラッと保湿してくれる
  •  

  • 化粧崩れしない
  •  

  • 肌を美しく見せてくれる
  •  

 

こんな点が気に入っているようですね。

 

パウダー類はどの製品でも「見た目が同じ」と感じる事が多いですが、ライスフォースの物は使ってみると違いが歴然としているようですね。

 

ライスフォース・ルースパウダーの特徴を見てみた所、

 

・保湿成分ライスパワーNoエキス配合(洗顔料・マイルドフェイスウォッシュと同じ保湿エキスです)

 

・微粒子のパウダーが皮脂や汗を吸収し、テカリを抑える

 

・微粒子のパールが光を反射させ、自然で上品な光沢を演出する

 

こんな事柄が公式サイトでは紹介されていました。

 

こういった特徴は、良い口コミの中でも実感されているのが良く分かりますね。

 

「保湿」・「皮脂吸着」・「美肌演出」と三拍子揃った優秀パウダーと言えそうです。

 

ライスフォース ルースパウダーの使い方

 

口コミでも人によって様々な使い方をされている事が分かりましたが、ここで改めてルースパウダーの使い方について見て行きたいと思います。

 

公式サイトでは、

 

 基礎化粧品で肌を整えたあと、UVプロテクトミルク→リクイドファンデーション→ルースパウダーという順番での使い方が紹介されていました。

 

 

これはあくまでもライスフォースの製品のみを使っている場合の例ですね。

 

ライスフォースはラインで使っているユーザーさんも多く、ライスフォースのリクイドファンデーションの後にルースパウダーで仕上げている方もいらっしゃいました。

 

口コミでは、他のメーカーアイテムと併用している方もいて、

 

保湿クリーム(オイル)の後のおしろいとして

 

日焼け止めや下地の後のおしろいとして

 

BBクリームの後にフィニッシングパウダーとして

 

リキッドファンデの後に仕上げとして

 

こんな使い方が見られました。

 

おしろい単体として使っても、ファンデーションなどの仕上げにはたいて使ってもOKみたいですね。

 

 

普段ファンデーションを使っている人でも、「今日はナチュラルに仕上げたい」という時はルースパウダーだけ使っているという方もいました。

 

パウダー自体はどちらかというと明るめのようでもあるので、肌の色に合わせて一番素肌が輝く使い方を選びたいですね♪

 

ライスフォース ルースパウダー

 

18グラム 4,500円(税込みで4,950円)

 

携帯用ケース:743円(817円)

 

専用パフ:448円(492円)

 

全成分:タルク、ポリメタクリル酸メチル、ラウロイルリシン、ステアリン酸Mg、米抽出液(ライスパワーNo.1)、クエン酸、エチルパラベン、プロピルパラベン、[+/−]マイカ、水酸化Al、ジメチコン、酸化鉄、酸化チタン

 

 

ライスフォース 口コミ ←ディープモイスチュアシリーズの良い口コミ・悪い口コミを特集しています!

 

ライスフォース肌分析 ←私の肌分析の様子を大公開しています!